全国区で商業施設等におけるイルミネーションのデザイン、企画設計を行っているイルミネーションデザイナーのブログです。
イルミネーションから、装飾照明、DMX等を駆使したフルカラーライティングによる演出照明を主軸に
イルミネーションデザインのお話からくだけたお話までお届けします。

※スマートフォン版の表示調整中:2016.1.20〜

iPad 触ってきました。

ついにiPadを触ってきました。

DSC_4263
3G版とWiFi版の2種類。まず何にしろ存在が美しい。iPhoneでもそうだけど。

真似パクリの得意な日本市場は、なぜAppleプロダクトを真似しようとしないんだろうというくらい、相変わらず美しい。

バラエティ番組だとゲームとか本がみれるとかやっていて、お遊びガジェットな扱われ方しかされないので、いつもなんだかなぁって感じで思っていたりしますが。

僕的にはもっと結構な可能性があるのではないのかなと、思っていたりします。iPadが飛躍的に世界に浸透するとは思いませんが、iPhoneの時と同様、スマートフォン市場が新たに拡大した事もあるのでこのような大きなマルチタッチのPadは、それなりのスタンダードとして浸透していくと思います。

というのも銀行のATMであったり、今では回転寿司の液晶タッチパネルをつかってGUIとして使われていたり、固定式の液晶タッチパネルから可動式になるだけ、ということもあるからでそこまで新規性をもっていないのが浸透していくだろうと思う自分なりの根拠だったりします。

– – – – – – – – – – – – – – – – – –

僕が今考えているのは、

1、打ち合わせの時のポートフォリオツール。

iPad は Keynoteが使えるし、MacのiPhotoと動機をさせてイルミネーションのイメージパースや、参考写真をたくさん格納しておくのもよし。


2、静止画、動画を交えたプレゼンテーションツール

一時期は、iPhoneで動画を見せて打ち合わせに使っていましたが、若い人はいいけどご年配の方には画面が小さすぎるんですよね。あとは、3,4人の打ち合わせで全体に見せることができる。プロジェクターと違って暗くする必要もないし、何よりも詳細に絵や動画を見せることができる。

けど、クライアントさんの上にまだ決裁権のある役員さんなどがいる場合はちょっと難しいかな。DVDで動画データを渡すなどが必要かなと。


3、定型文の書類制作

予めPagesやNumbersで見積書や契約書などなど、必要な所定文章を作っておいて打ち合わせしながらその場で書類が作ることができる。今まではPCを横目に打ち合わせしながら見積書制作などを行っていたのを、わかりやすく出来ますね。保険営業や賃貸住宅の営業向きかなと思ったりします。最後にその文章をメールすればいいのです。対応しているプリンタがあれば直接印刷もできるようになっていますしね。


4、遠隔操作(まだiPad用にはアプリケーションが適応していないけど)

たまにiPhoneでも(超非効率だけど)使うのですが、出先で会社の自分のMacProを遠隔操作で操作したりすることも出来ます。iPhoneと違って高解像度であるため、データを探したり、メールを送る程度のことが出来ます。


5、写真撮影のプレビューツール(データ保持も兼ねる)

SDカードの読み取り機が専用であります。出先で写真撮影を行うときにiPadでピンぼけの確認を行ったりデータを一時的に保持することも可能。そもそもとった写真をそのままメールもできるよね。


6、そもそもプロジェクターでプレゼンテーション。

iPadにVGA出力のコネクターを付けて、プロジェクターでKeynoteなどを出す。BluetoothでiPadにiPhoneでコネクトして操作自体はiPhoneでも行う。(これはどこかのサイトで紹介されていました。どこか見つけれなかったのであれですが)


7、3Dイメージのシミュレータ(そういうアプリが出てくれるといいな)

ハウジング関係の営業の方などが使えるかもしれない。3DでモデリングされたCADデータのプレビュー。なによりもぐりぐり動かしてその場でいろいろとシミュレート出来るようになるのはいいかも。

– – – – – – – – – – – – – – – – – –

なんか仕事ベースになっちゃうけど、使う人の使い方次第。

KeynoteもPagesも、結局はMacベースのアプリケーションが動作することになるので、どうしてもWindowsベースではサードパーティーのアプリケーション待ちになっちゃうのが、もったいない。

DSC_4264 ↑いかん現在地がばれる。笑

今回から導入されているA4プロセッサはかなり動作・描画処理が早い。これは素晴らしいことにも思えるけど、あたりまえといえばあたりまえ。OSからハードの両方を一緒に開発してできるメーカーだから出来ること。Macのクォーツと同様だね。

– – – – – – – – – – – – – – – – – –

WiFi版とWiFi+3G版が発売されて、どちらを?という事になるのですが、今回見せてもらったiPadも、SoftbankのPocketWiFiを使っていました。下調べでPocketWiFiのほうが融通がきくのでは?と思っていたし、見た目も3G版iPadは良くない。

MacBook と iPad と PocketWiFi、このセットの使い方が一番良さそう。

明日の10日から予約開始で28日に発売らしいですが、それまでにいろいろと悩んでみようと思います。

– – – – – – – –

ついでにiPhone OS 4.0 も触らせてもらいました。僕の iPhone 3G にはちょっと動作は耐えられないかな。次期iPhone前提のOSになっている気がする。次期iPhoneも待ち遠しいです。(gizmodeでプロトタイプ実機が流出していましたが、あれを見る限りではちょっと一般的なガジェットになっちゃったかな?iPadと同様のフルアルミボディがよかったのにな。)

NEW POSTS

特集