全国区で商業施設等におけるイルミネーションのデザイン、企画設計を行っているイルミネーションデザイナーのブログです。
イルミネーションから、装飾照明、DMX等を駆使したフルカラーライティングによる演出照明を主軸に
イルミネーションデザインのお話からくだけたお話までお届けします。

※スマートフォン版の表示調整中:2016.1.20〜

LEDの空間、香港 iSquare にて。

P1211400 ( Photo by EFFECT MEIJI 高須社長様 )

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

blog:” 株式会社エフェクトメイジ 社長 高須 徹のブログ ” より

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

香港の彌敦道(ネイザンロード)という場所に出来た新しいショッピングモールで、エフェクトメイジ様の香港支店におけるLEDのお仕事で手伝いました、天井に敷き詰められたLED VISIONの写真がアップされました。(別の写真は高須社長様のブログにてございます)このVISIONに投影するいろいろなパターンのFLASHを製作し、オーナーさんが気に入られたものを流しています。

ここは、iSquare と呼ばれるショッピングモールで、まだVIP向けのプレオープンしかされていないとか…(?)もしかしたらもうオープンしているかもしれません。

LED VISIONやLED演出用に動画制作は行うのですが、結構緻密な計算と、LEDの発光特性を把握している必要があり一朝一夕にはいかなかったりします。現に、今の僕でもまだ完璧に慣れているというわけでは有りません。LEDの光らせ方、光源の種類、いろいろな条件があるので経験値を高めていくしかありません。

香港へ行くことがありましたら、ぜひ足を運んでみてください。

日本はこういう思い切ることが出来ない現実的な意識が、アジア列強の中で遅れをどんどん取っていっているな〜と、こういう空間装飾のレベルを見ていると常々感じます。

イルミネーションもすでに韓国には完全に負けていると思うし(法令的にも)、韓国に超えようとするにはまだ社会が受け入れ体制が整いにくい壁が大きくも感じます。イルミネーションは装飾分野で言えば、巨額ビジネスに近いので腰が重くなるのは仕方が無いのですが、お金をきちんと掛ければ確実に集客効果の上がる分野でもあります。

毎年◯億円かけてやっている三重県のなばなの里も、その予算の思い切りの良さのために集客とお金が毎年落ち続けています。これが3,000万円くらいの規模でやっていたら、採算すら取れなかったんだろうなと思います。◯憶円かけたからそれ以上の収益も発生している。

イルミに関する広告宣伝費って、一次曲線じゃなくて二次曲線的な反応なんだろうな〜と思います。

( Photo by EFFECT MEIJI 高須社長様 )

ソウルの樹木イルミネーションも、こんなにわんさか!チョロチョロっとしかついていない日本は大丈夫なのか?とどうしても感じてなりません。チョロチョロっと付けて、道の端から端へとりあえず付けて、球数”◯◯万球”という数字だけで競っていますが中身がないイルミネーション現場があるということも、お客さんが一番感づいていると思いますよね。

本当に日本がアジア列強に負ける日も近いのか!?

(僕もそうだけど)若者が頑張るべきだけど、若者が頑張るには弊害が多すぎですね…。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

iSquare HK

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

Tag:

NEW POSTS

特集