全国区で商業施設等におけるイルミネーションのデザイン、企画設計を行っているイルミネーションデザイナーのブログです。
イルミネーションから、装飾照明、DMX等を駆使したフルカラーライティングによる演出照明を主軸に
イルミネーションデザインのお話からくだけたお話までお届けします。

※スマートフォン版の表示調整中:2016.1.20〜

information
プロファイル更新 2018.1

お酒のはなし。

國酒(こくしゅ)

は、日本酒と焼酎のこと。

日本政府も30年以上も前から國酒プロジェクトを広めようとしており、

 IMG_1917s

この歳になり色々な泡や酒、焼酎、いろいろと嗜める様になりました。

飲食店行くと、どうしても泡が多いような気もしますが、

まぁやっぱり日本の酒文化は素晴らしい。

 

というよりも、日本の酒が海外ではメジャーな物しか手に入らないのと同じで、日本でそうそう簡単に泡やワインを容易に入手できないんでしょうね。

ワインについてはオーストラリアワイン(特に貴腐)が一番好きなのですが、オーストラリアに行かないと買えない物が多すぎて日本で買えるオーストラリアワインは、個人輸入で何とか購入しないといけなかったりします。

そういう意味合いで、日本酒はたくさーんあるので面白いです。

無知識ながら色々と飲んでいると、やっぱり純米吟醸か純米大吟醸。

 

と…その前に、泡を嗜む理由は別にあり

IMG_1835 IMG_1834 IMG_1833 IMG_1830

パッケージングや意匠がとても綺麗で、1つの泡を見た目で世界観に論拠をもたせ展開している。

結構勉強になるものです。

IMG_1827 IMG_1826

(ディズニーのですが)ボトルペンダントもあるものも有り、可愛く素晴らしいです。

 

でも!

IMG_1917

國酒、日本酒。

物にもよりますが、パッケージングはシンプルで目に見えぬ所での酒造りにおける繊細さが身にしみる世界。

これから日本酒についてもっと知りたいと思うようになっております。

IMG_1845 IMG_1846

マニアックになりたいというわけではないのですが、

酒米の種類、醸し方、地域などなど、特性を知っていくと初めて見る日本酒もどんなかんじなのかな?と宝探しをする間隔で楽しめそうに思えます。

IMG_1906

まだ飲んでおりませんが、愛知県産の國酒禊(こくしゅみそぎ)を入手。

このお酒は、お酒を作る過程から知る切っ掛けを得、感動をして入手したものです。

本数も少なく非売品なのですが、この國酒禊を飲むのが楽しみです。

3月15日は国酒の日なので、

その日に、日本における酒造りを憂いながら国酒禊を楽しもうと思います。

 

お酒って色々と目的を持って作られ、飲んで貰う人に楽しんでもらうことを追求した嗜好品であり

あれ?これってイルミデザインにも通ずるものがあるぞ!?

という感じです。

お酒一杯の周囲にある諸々、この間隔は自分の仕事の信念にとって必要不可欠のものです。

(と言っていますが、単にお酒が好きなだけじゃないかというのは…あながち間違いでもない)

NEW POSTS

特集