全国区で商業施設等におけるイルミネーションのデザイン、企画設計を行っているイルミネーションデザイナーのブログです。
イルミネーションから、装飾照明、DMX等を駆使したフルカラーライティングによる演出照明を主軸に
イルミネーションデザインのお話からくだけたお話までお届けします。

※スマートフォン版の表示調整中:2016.1.20〜

information
プロファイル更新 2018.1

入籍してきてました

6/11、入籍を済ませてきました。

朝イチに役所へ出向き、小一時間で終了。あっけなかったかな…。



その後は、吹上ホールでパナソニック電工の照明関係の内覧会があったので行ってきました。嫁もインテリアコーディネイトをやっているので、わりと共通した業界にいたりします。

深澤直人氏の講演会(僕は予約できていないので、嫁だけ)もあり、パナソニック電工の様々なプレゼンテーションを聞いてみましたが、LEDの一般照明化はどんどん進んでいるとはいえ、ホンダのインサイトの様なビジネスとしてではなく、一般社会に浸透をさせるための布石がない限りちょっとまだ時間がかかるかなというのが正直な感想。

そういうことは、大手がやるべきなのですが蛍光灯や電球が売れなくなるので大々的にはやりたくない裏の一面がみれちゃうのが残念。照明業界は、球交換があってナンボなのかな。


その後、同時期にエフェクトメイジさんの内覧会も開催されていたので出向きました。今年のイルミネーションの新アイテム、そしてX-ECOというLED一般照明の新しい提案。高須社長さんのアクティビティもあってどんどん挑戦的なスタンスは非常に勉強になります。

近頃、中間業者の存在が危ぶまれているのかな?広告代理店やブローカ的な立ち位置の会社がクライアントさんからコストダウンの一環として末端の業者へとベクトルが変わりつつある気がします。デザイン提案などもそうですが、一昔前は僕の段階で4、5次ということも時折ありましたが、近頃はどんどん近くなってきています。大阪の心斎橋大丸なんかは、僕で2次だったのでクライアント意向を含めて時間的なマージンがないので迅速に動けていたと思います。

クライアントさんの要望で、代理店さんに頼むと確かに品質管理などは良いけど高い。という趣旨を持たれる方も多く、よくも悪くも中小企業の力がこれから飛躍的に伸びやすくなるのかなと感じています。中小企業といっても、メーカーや職人的な立ち位置の会社ですね。

時代情勢はこんなんですが、エフェクトメイジさんなどなど、LED業界に限らずスピードと革新的な動きの可能な会社は、なんか見ていて楽しみです。日本の本来の底力っていうのをかいま見れている気がするんですよね。


入籍は、あっというまでしたが、照明業界の2つの会社をみてそんなことも感じながら明日の結婚式の準備を進めています。

NEW POSTS

特集