全国区で商業施設等におけるイルミネーションのデザイン、企画設計を行っているイルミネーションデザイナーのブログです。
イルミネーションから、装飾照明、DMX等を駆使したフルカラーライティングによる演出照明を主軸に
イルミネーションデザインのお話からくだけたお話までお届けします。

※スマートフォン版の表示調整中:2016.1.20〜

information
プロファイル更新 2018.1

Nikon D610 とりあえず買ってみる。

現場調査での記録撮影やイルミネーションの完成写真は今まで、

Nikon D90 と Tokina AT-X 116 DX の組み合わせでここ数年やってきましたが

動画での記録の頻度が高まって来たものの…D90の動画記録機能は貧弱ゥ貧弱ゥ。

で、とりあえずカメラ買い替えてみようかなと軽いノリになるんですけど

どの機種買おう!?と超迷うわけです。

色々調べて見ても…うーん。

イルミネーションを実際に撮ってみないとわからない!

なので

とりあえずD610買ってみた。

_DSC0009

フルサイズですよ、フルサイズ。

今までDXフォーマットだったのがFXフォーマットへ。

_DSC0013

しかもこのD610、SDカードが2枚入ります。

勿論、CLASS10のSanDiskを使ってますよ。

_DSC0016

そして今回の目的だった動画撮影用のVelbonの三脚もコメ兵で中古品をゲット。

とりあえず今冬いろいろなイルミネーションとってみて判断だ!

駄目だったらその時考える。

そして肝心要である…愛しのマイレンズ、Tokina AT-X 116 DXちゃんは…

DSC_731716mm側で撮影してみる。

恐らく、DXフォーマットでの11mmよりも広く感じる。

11mm ✕ 1.5 = 16.5mm だからあながちこの感覚は間違いじゃないかも。

で、肝心なのは11mm側ですよ、マドモアゼル。

DSC_7318

WRYYYYYYYYYY!と思わず叫びたくなる美しいケラレ。

テレビ番組のコッソリ撮影シーンみたいな絵になっています。

11mm〜16mmでのレンズで、16mmしか使えないという。

広角単焦点レンズですね、まさに。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

あとはとりあえず動画撮影テストと三脚のポテンシャルチェック。

あ、汚いワークスペースですみません…。

最後は手動でフォーカスを合わせたので、絶妙にピンぼけ。

 

1080i 29.97 で撮影できるからなかなか良いんじゃないか!?

欲を言えば1080のプログレッシブが良かったかな。

やっとAfterEffectsで1080iの編集が出来るぞ〜。

 

早速明日、静岡県のつま恋サウンドイルミネーションを見に行くので色々と試してきます。

NEW POSTS

特集