全国区で商業施設等におけるイルミネーションのデザイン、企画設計を行っているイルミネーションデザイナーのブログです。
イルミネーションから、装飾照明、DMX等を駆使したフルカラーライティングによる演出照明を主軸に
イルミネーションデザインのお話からくだけたお話までお届けします。

Check instagram!


演出照明が好きだという瞬間。

イルミネーションの業界に、つま先ながら足を突っ込んで約10年。

大学3年の頃から今でも大変お世話になっている方のきっかけでこの業界に入ったワケですが、

イルミネーションを大々的にやりながらも、やっぱり好きだな〜という光の世界は演出照明の世界。


LED(モジュール)を複雑にくみ上げ、1つづつ細かく制御をする。

パチンコ屋さんでよくあるLED表示器とは異なる新しい演出。(かつ低コスト)

その制御をする為に事前に細かい図面を描いて、現場を円滑に進めて行く為に少しでもお手伝いをする。

結局、WEBにおいては消え去ってしまったFLASHが、演出照明の世界ではまだまだ現役なのです。

「FLASH黄金時代」と呼ばれる時期がミレニアム前後にありましたが、そこを謳歌した学生は今はいろいろとクリエイターの実働世代として大活躍なんでしょう。FLASHからAndroid、JAVA、iOSと形を変えど開発の根底は同じ。そういう意味では僕ら30歳前後の世代って自由にクリエイション出来ていた黄金時代を謳歌できた恵まれた世代だと思います。

限られたマシンスペック+限られたスクリプトで試行錯誤してアウトプットの方法を考える。洗練されてしまいすぎた現代では考えられないほど、アウトプットのし難さは抜群でした。

要は考えて無理難題をクリアしやすいのはマルチメディアを実働/研究として謳歌した30〜35前後の世代だと僕は勝手に決めつけている訳ですが、まさかそのテクニックが演出照明に反映出来ているとは当時は思いもよりませんでした。


1球1球のLEDをFLASHで複雑かつ、繊細に制御。

たんにFLASHで演出動画を作るのではなくて、現場で起こりえる修正や要望への対応のしやすさを前提とした演出プログラムの設計も、経験則で効率的にクリアしてしまう。

イルミネーションとはひと味違った世界が演出照明にはあるんですよね。

一般照明は僕はまったくやりませんし、やろうと思いません。(そこは棲み分けですね)

僕が特化すべきイルミネーションと演出照明。

好きこそ云々と言いますが、まさにこれですよね。

イルミネーションと演出照明。

僕個人の勝手な定義では、一般照明は影を作り上げ、演出照明(イルミ含む)は光を添えるもの。

後者の仕事の方が力を発揮出来る自信がありますし、なによりもスキですね。

好きな仕事、皆さんはしていますか?

こんなご時世です。オカネよりも結構大事な事だったりすると思います。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ぽちっとな。

Tag:

NEW POSTS

特集